本文へ移動

やじろべえ(玩具)への応用

やじろべえ(玩具)への応用

つくばの通産省工業技術院 機械技術研究所の統一公開(平成10年7月31日)で展示された形状記憶合金とふつうのばねを利用したお湯のみ鳥!?です。
機械研究所の工学博士の依頼で製作。形状記憶バネとふつうのばねを使用し、やじろべえやシーソーと同じ用にバランスを取るところがポイントです。
常温では普通のばねが形状記憶バネに勝り重りをくちばしの前方に押し出すことでシーソーのバランスが崩れます。

温水につかると形状記憶バネがのびて重りを動かします。するとバランスがかわり鳥は起き上がります。

 
 
Ni-Ti線の形状記憶合金、超弾性の医療機器への用途開発についての詳細はご相談ください。
株式会社アクトメント
〒344-0057
埼玉県春日部市南栄町7番地15号
TEL.048-761-1611
FAX.048-761-6144
1.線ばね製品
2.プレス(板ばね)製品
3.プレス金型製作
4.新しい素材の加工
5.医療用器具の製品開発
6.形状記憶合金の製品開発
TOPへ戻る