本文へ移動

形状記憶と超弾性を袋の開閉に応用

形状記憶と超弾性を袋の開閉に応用

 
超弾性を袋の開閉に応用
① Ni-Ti線を婉曲に形状記憶させたものと真直な超弾性の線を組み  合わせてビニール袋の自動開閉システムを試作した例です。
 
 
② 始めは超弾性の線が形状記憶の線よりも強く袋は綴じている。
 
③ 電流を通すことで形状記憶が熱せられ
    形状記憶の発生力が勝り婉曲する。
 
④ 形状記憶の線が婉曲することで、ビニール袋の口が開く。
    電流を遮断することで温度が下がり
    再び超弾性が勝って開閉部が閉じる 。
Ni-Ti線の形状記憶合金、超弾性の医療機器への用途開発についての詳細はご相談ください。
株式会社アクトメント
〒344-0057
埼玉県春日部市南栄町7番地15号
TEL.048-761-1611
FAX.048-761-6144
1.線ばね製品
2.プレス(板ばね)製品
3.プレス金型製作
4.新しい素材の加工
5.医療用器具の製品開発
6.形状記憶合金の製品開発
TOPへ戻る